特集

アフガン政権崩壊

イスラム主義組織タリバンが2021年8月15日、首都カブールを制圧し、勝利宣言。ガニ政権が崩壊しました。

特集一覧

カブール爆発の容疑者3人拘束 少なくとも5人死亡、情報は錯綜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
爆発の負傷者が搬送された病院の前で待つ人々=アフガニスタン・カブールで3日、アナトリア通信提供・ゲッティ共同
爆発の負傷者が搬送された病院の前で待つ人々=アフガニスタン・カブールで3日、アナトリア通信提供・ゲッティ共同

 アフガニスタンの首都カブールのモスク(イスラム教礼拝堂)の入り口付近で3日、爆発があった。ロイター通信などによると、少なくとも5人が死亡した。死傷者数については情報が錯綜(さくそう)している。犯行声明は出ていない。中東の衛星放送局アルジャジーラによると、イスラム主義組織タリバンは同日、容疑者3人を拘束したが、身元など詳細は明らかにしていない。

 カブール市内での大規模な爆発は8月30日に米軍が完全撤収して以来初めて。アフガンではタリバンと敵対する過激派組織「イスラム国」(IS)系の「ISホラサン州」(IS-K)によるテロが相次いでおり、タリバンにとっても治安維持が大きな課題となっている。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文514文字)

【アフガン政権崩壊】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集