山陽新幹線 小倉駅ホームで男性はさまれ死亡 一時運転見合わせ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
救助された客の救命処置をする救急隊員ら=北九州市小倉北区のJR小倉駅で2021年10月3日午後10時48分、青木絵美撮影
救助された客の救命処置をする救急隊員ら=北九州市小倉北区のJR小倉駅で2021年10月3日午後10時48分、青木絵美撮影

 3日午後10時5分ごろ、北九州市小倉北区のJR小倉駅で、鹿児島中央発広島行きの新幹線「さくら408号」(8両編成)の車両とホームに男性がはさまれる事故があった。約40分後に救助されたが、福岡県警によると間もなく死亡した。

 JR西日本によると、別の車両の運転士が、列車にはさまれている男性を見つけた。県警によると、駅の防犯カメラには、男性が別のホームから線路内に入り、車両の前を横切る様子が写っていた。新幹線が止まっ…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

注目の特集