絶滅危機?昭和レトロな純喫茶 「文化残す」受け継ぐ若者の思い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
喫茶水鯨の店主、山口修平さん(左)と妻の加奈さん。カウンター内のつり戸棚やタイルも禁煙室から運んだ=大阪市西区で2021年9月21日午後0時26分、菅沼舞撮影
喫茶水鯨の店主、山口修平さん(左)と妻の加奈さん。カウンター内のつり戸棚やタイルも禁煙室から運んだ=大阪市西区で2021年9月21日午後0時26分、菅沼舞撮影

 昭和レトロなメニューと雰囲気が魅力の「純喫茶」が若い世代を中心に人気だ。雑誌の特集や町おこしの目玉になるほか、メニューのミニチュアがカプセルトイにもなっている。しかし、経営者の高齢化や後継者不足で看板を下ろす店も少なくない。そんな純喫茶の灯(ともしび)を受け継ぐ動きが京阪神にある。2店を訪ねた。【菅沼舞】

 大阪市西区の旧外国人居留地に2021年9月に開店した「喫茶水鯨」。店の扉には、「珈琲館禁煙室」との文字も光る。金沢市にあった純喫茶「珈琲館禁煙室」を引き継いで生まれた店だ。

この記事は有料記事です。

残り987文字(全文1228文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集