部下の水筒に洗剤混入 懲戒処分の宮内庁職員「ストレス発散で」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
宮内庁=東京都内で、中村琢磨撮影
宮内庁=東京都内で、中村琢磨撮影

 宮内庁は4日、職場で部下の水筒に洗剤を入れたとして、管理部工務課の課長補佐級の50代職員を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。職員は「仕事や家庭のストレスの発散でやってしまった」と説明しているという。

 宮内庁によると、4月から8月中旬ごろ、部下の机に置いてあった水筒に、薄めた洗剤を…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文255文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集