特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

倉敷オーシャンズ・守屋 「脱力」で好投 都市対抗中国2次

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【三菱自動車倉敷オーシャンズ-福山ローズファイターズ】7回無失点と好投した三菱自動車倉敷オーシャンズの先発・守屋=山口・津田恒実メモリアルスタジアムで2021年10月4日午前10時24分、木村敦彦撮影
【三菱自動車倉敷オーシャンズ-福山ローズファイターズ】7回無失点と好投した三菱自動車倉敷オーシャンズの先発・守屋=山口・津田恒実メモリアルスタジアムで2021年10月4日午前10時24分、木村敦彦撮影

 ドラフト上位候補の同期から刺激を受け、社会人初先発の左腕が輝いた。4日にあった都市対抗野球の中国2次予選第2代表決定トーナメント2回戦で、三菱自動車倉敷オーシャンズは大卒2年目の守屋泰輔が好投し、5―0で福山ローズファイターズに快勝した。

 力は抜いても気は抜かない――。負ければ即敗退の第2代表決定トーナメントを23歳の守屋が「脱力」で乗り切った。7回を被安打2の無四球、無失点で二塁を踏ませなかった。「これまで(緊張で)硬くなってできなかった自分の投球ができた」と笑顔を見せた。

 その脱力が光ったのが三回1死一塁。走者を背負っても気負わず、力勝負もしなかった。しっかりと腕を振り、カットボールで二塁ゴロを打たせて併殺に仕留めた。「力を抜いてしっかり投げ切れました」

 岡山・玉島商高、関西国際大を経て入社2年目。プロから注目され、ドラフト上位候補である右腕・広…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文711文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集