クボタ堺労組が協定 奈良・黒滝村と 遊休農地解消へ /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
辻村源四郎村長(前列右から2人目)とクボタ堺労働組合の浪瀬敏文委員長(同3人目)=奈良県黒滝村提供
辻村源四郎村長(前列右から2人目)とクボタ堺労働組合の浪瀬敏文委員長(同3人目)=奈良県黒滝村提供

 奈良県黒滝村は、村内の遊休農地の解消などを目指し、農業機械大手のクボタ堺製造所(堺市堺区)の従業員でつくる「クボタ堺労働組合」(浪瀬敏文委員長、組合員約3100人)と地域振興に関する包括協定を結んだ。

 同組合は2020年、結成75周年を記念した社会貢献事業として、同村堂原地区の休耕田約2000平方メー…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文381文字)

あわせて読みたい

ニュース特集