特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

甘利幹事長、競合選挙区「不満残っても一本化」 現職優先も継続

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自民党の甘利明幹事長
自民党の甘利明幹事長

 自民党の甘利明幹事長は5日の記者会見で、自民系候補が競合している衆院選の小選挙区について「共倒れせず当選させるのが幹事長、選対委員長の使命だ。必ず不満は残るが、一本化していくことが執行部の役割だ」と述べ、候補者調整を急ぐ考えを示した。二階俊博前幹事長が掲げてきた「現職優先」の原則も引き継ぐとした。

 19日公示、31日投開票の日程で行われる衆院選で、複数の自民系候補が出馬を目指している小選挙区は全…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集