特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

市長選変更、4選挙並行… 衆院選「前倒し」選管てんやわんや

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
投票日が24日と記載された川崎市長選のポスター掲示板。衆院選と同じ31日への変更が決まった=川崎市川崎区で2021年10月5日午後1時45分、市村一夫撮影
投票日が24日と記載された川崎市長選のポスター掲示板。衆院選と同じ31日への変更が決まった=川崎市川崎区で2021年10月5日午後1時45分、市村一夫撮影

 衆院選は19日公示、31日投開票の日程が固まった。当初想定された日よりも投開票日が前倒しされたことで、各地の選挙管理委員会が対応に追われている。

 川崎市選管は5日に臨時の委員会を開き、24日投開票で準備してきた市長選を衆院選と同じ31日投開票にすることを決めた。

 衆院選と同日になると経費が1億円程度浮き、投票率の上昇も見込めるという。11月7日か14日の可能性が高いと踏んで準備を進めてきたうえ、岸田文雄首相の日程表明が突然だったこともあり、委員会の招集連絡は異例の前夜となった。

 9日に業者から納品予定だった市長選用の投票整理券は衆院選と合わせたものに作り直し、ポスター掲示板の「投票日24日」の文字も上からシールを貼って修正する。福田紀彦市長は「コロナ禍で開票事務の人員手配が大変な時期なので同日選を歓迎したい。有権者の利便性と投票率上昇の効果を期待する」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文1026文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集