中国の台湾威嚇激化 連日、防空圏に軍用機 日米英軍事演習に対抗か 小谷哲男・明海大教授

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=本人提供
=本人提供

 中国が台湾の防空識別圏(ADIZ)に軍用機の進入を急増させた狙いは何なのか。米国や東アジアの安全保障に詳しい小谷哲男・明海大教授に聞いた。

 多数の軍用機が台湾のADIZに進入したのは、米英や日本などが2、3の両日に台湾周辺海域で大規模な合同軍事演習を実施したことへの中国の対抗措置ではないだろうか。

 演習は「ロナルド・レーガン」「カール・ビンソン」という米国の2隻の原子力空母に、英空母「クイーン・エリザベス」も加わる前例のない大規模なもの。中国の軍事的圧力にさらされている台湾を支援するという日米英のメッセージが色濃く出…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文656文字)

あわせて読みたい

注目の特集