特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ノーベル賞 温暖化モデルに物理学賞 米国籍、真鍋淑郎氏ら

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ノーベル物理学賞の受賞決定後、自宅で喜びの表情を見せる真鍋淑郎さん=米ニュージャージー州で2021年10月5日、隅俊之撮影
ノーベル物理学賞の受賞決定後、自宅で喜びの表情を見せる真鍋淑郎さん=米ニュージャージー州で2021年10月5日、隅俊之撮影

 スウェーデン王立科学アカデミーは5日、2021年のノーベル物理学賞を、真鍋淑郎(しゅくろう)・米プリンストン大上席気象研究員(90)=米国籍=と、ドイツとイタリアの研究者の3氏に授与すると発表した。真鍋氏は、物理法則に基づいてコンピューターを用いて地球の気候を再現する「気候モデル」という手法を1960年代に確立。地球温暖化予測の基礎を築き、気候変動対策に貢献したことが評価された。

この記事は有料記事です。

残り1644文字(全文1836文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集