特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

真鍋氏、ノーベル物理学賞 ぶきっちょ、米国で大成 「人が合点したことも考え続けた」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ノーベル物理学賞受賞が決まった真鍋淑郎さん=名古屋市内で2013年12月、大場あい撮影
ノーベル物理学賞受賞が決まった真鍋淑郎さん=名古屋市内で2013年12月、大場あい撮影

 今年のノーベル物理学賞受賞が決まった米プリンストン大上席気象研究員の真鍋淑郎(しゅくろう)さん(90)は、地球温暖化など、今では世界各国で当たり前のように話題になる気候変動の予測の基礎を築いた。「自分は頭が切れるというのではないが、人が合点したことでも『待てよ』とくどいほど考え続けることが、結果としてうまくいった」。以前の毎日新聞の取材にそう語っていた。

 1931年、現在の愛媛県四国中央市新宮町生まれ。祖父や父が医師という家に育ち、自身も一時医師を志した。しかし、結局は東京大で正野重方教授(当時)の研究室に入り、気象学を専攻した。気象学を選んだのは「記憶力は悪いし、手はぶきっちょ。空を眺めて物思いにふけるくらいしか取りえがないと思った」からだ。

この記事は有料記事です。

残り1349文字(全文1676文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集