和歌山の水管橋崩落 橋の残存部分で腐食と破断を確認 原因調査へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
仮の水道管を設置する工事が行われている県道の橋。奥は崩落した六十谷水管橋=和歌山市で2021年10月6日午前10時44分、本社ヘリから北村隆夫撮影
仮の水道管を設置する工事が行われている県道の橋。奥は崩落した六十谷水管橋=和歌山市で2021年10月6日午前10時44分、本社ヘリから北村隆夫撮影

 和歌山市の紀の川に架かる「六十谷(むそた)水管橋」(長さ約550メートル)の一部が崩落し、市北部約6万世帯(約13万8000人)が断水している問題で、尾花正啓市長は6日、崩落を免れた部分で水道管をつり下げる橋の部材を調べたところ、腐食、破断を確認したことを明らかにした。この日午後から専門家が現地に入り、原因の詳しい調査を行う。

 橋はアーチ橋と水道管が一体となった構造で、中央部の約60メートルが崩落した。同日始まった応急工事現場で取材に応じた尾花市長によると、崩落せず残っている橋を写真などで調査。アーチ部分と水道管をつなぐつり具部分が腐食し、外れているところがあった。尾花市長は「目視では確認しづらい場所だった」と説明した。川に落下した部分に腐食などがあったかは確認できていないという。

この記事は有料記事です。

残り100文字(全文446文字)

あわせて読みたい

ニュース特集