特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ノーベル化学賞に米独2氏 「不斉有機触媒の開発」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ノーベル化学賞受賞が決まったベンジャミン・リスト氏(左、独マックスプランク石炭研究所のウェブサイトより)とデービッド・マクミラン氏(カリフォルニア大アーバイン校のツイッターより)
ノーベル化学賞受賞が決まったベンジャミン・リスト氏(左、独マックスプランク石炭研究所のウェブサイトより)とデービッド・マクミラン氏(カリフォルニア大アーバイン校のツイッターより)

 スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2021年のノーベル化学賞をベンジャミン・リスト・独マックスプランク石炭研究所教授(53)と、デービッド・マクミラン・米プリンストン大教授(53)に授与すると発表した。授賞理由は、「化学反応を促す触媒の一種『不斉(ふせい)有機触媒』の開発」。安価で環境に優しく新たな医薬品の合成などに役立っていることなどが評価された。

 化学反応では、同じ原子で構成されながら右手と左手のように立体構造が違う鏡映しの物質が同時にできてしまう問題がある。この違いは片方が薬になるのに対し、もう片方が毒になることもあるなど影響が大きい。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文764文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集