興福寺 東金堂西正面から鎌倉時代初頭の門と回廊の跡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
門の遺構が確認された発掘現場=奈良市の興福寺で2021年10月6日午前11時58分、加藤佑輔撮影
門の遺構が確認された発掘現場=奈良市の興福寺で2021年10月6日午前11時58分、加藤佑輔撮影

 奈良文化財研究所(奈文研)は6日、興福寺(奈良市)境内の発掘調査で、東金堂(国宝)の西正面から鎌倉時代初頭の門と回廊の跡を確認したと発表した。平氏の南都焼き打ち(1180年)で焼失後に再建されたと考えられ、創建時の位置や規模を保っていたとみられる。

平氏の南都焼き打ち後に再建か

 東金堂は726(神亀3)年に聖武天皇が伯母の元正上皇の病気平癒を願って建立した。その後、5回の火災に遭い、現存する建物は1415(応永22)年に再建されたものだが、門や回廊は残…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文570文字)

あわせて読みたい

ニュース特集