特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

ダイナマイト発明 死の商人、死す 「誤報からノーベル賞」の虚実 犠牲者続出に苦悩、賞創設の遺言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アルフレッド・ノーベルがこの上で遺書を書いたとされる机。パリのスウェーデン人交流サークルに今も残る=パリで1日、久野華代撮影
アルフレッド・ノーベルがこの上で遺書を書いたとされる机。パリのスウェーデン人交流サークルに今も残る=パリで1日、久野華代撮影

 科学や平和への貢献をたたえる最高の栄誉・ノーベル賞。ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルが、自らの死を伝えるフランス紙の誤報「死の商人、死す」にショックを受けたことが設立のきっかけとなったとする有名な逸話がある。この話はどこまで本当なのだろうか。パリの現場を訪ね、取材すると、巨万の富を社会にどう役立てるかに思いを巡らせた晩年の科学者の姿が浮かんだ。

この記事は有料記事です。

残り1582文字(全文1762文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集