茶道の技術向上、隆盛願う 石清水八幡宮 裏千家が「献茶祭」 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
神前でお点前を披露する裏千家の千宗史・若宗匠=京都府八幡市の石清水八幡宮で、鈴木健太郎撮影
神前でお点前を披露する裏千家の千宗史・若宗匠=京都府八幡市の石清水八幡宮で、鈴木健太郎撮影

 石清水八幡宮(八幡市)で6日、茶道・裏千家による「献茶祭」が開かれた。千宗史・若宗匠が次期家元として初めて奉仕した。

 茶道・茶業の隆盛と茶道を学ぶ人たちの技の向上などを願い、毎年この時期に執り行われる。例年は一門などから150人以上が参列し、境内に茶席も設けられるが、新型コロナウイルスの感染防止で…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

あわせて読みたい

注目の特集