特集

第80期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が挑戦する第80期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第80期名人戦A級順位戦 豊島将之竜王ー羽生善治九段 第14局の4

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

厳しい端攻め

 図から[後]9三同香は[先]6六角[後]8四歩[先]4三銀成[後]1五角[先]4六飛[後]4五歩[先]5六飛[後]4三金[先]2二角成(参考図)。後手にもう1歩あれば[後]3六歩[先]同飛[後]2七銀[先]5六飛[後]3六歩で決まるが、その1歩がない。

 手順途中[後]8四歩に代えて[後]7五歩は、[先]4三銀成[後]1五角[先]1六飛[後]4三金[先]2二角成。1歩節約すると、今度は[後]2七銀に[先]1五飛と食いちぎられ、突いた7筋のキズが響く。

 羽生は[後]6五歩と突いて前述の[先]6六角を消したが、豊島の[先]7五歩~[先]9五香が好手順。9筋に飛車を振る味があり、攻め幅が広がった。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文683文字)

【第80期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集