特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

連合新会長の芳野氏 「共産の閣外協力あり得ない」 立憲に不快感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
連合の定期大会で会長に選出され、あいさつする芳野友子氏=連合提供 拡大
連合の定期大会で会長に選出され、あいさつする芳野友子氏=連合提供

 新たに就任した連合の芳野友子会長は7日、東京都内で記者会見し、立憲民主、共産両党が政権交代時に共産による「限定的な閣外からの協力」で合意したことに対し、「連合はこれまでも共産の閣外協力はあり得ないと主張している」と述べ、共産と協力する立憲に不快感を示した。連合は労働運動を巡り、歴史的に共産と対立しており、立憲は次期衆院選に向けて最大の支持団体との連携に不安を抱えることになる。

 芳野氏は連合が推薦する立憲の候補予定者の活動について、「現場では選対にも共産党(関係者)が入り込んで、立憲、共産両党の合意をたてに、さらなる共産党政策をねじ込もうとする動きがある。立憲には混乱がないよう選対をしっかりコントロールしてほしい」とも指摘。今後、立憲の枝野幸男代表と初めて面会した際に直接申し入れる考えも示した。

 連合は2020年9月、次期衆院選について、「共産党を含む野党共闘にはくみしない」との内容を含む基本方針を確認。会見に同席した松浦昭彦会長代行は、連合が推薦する立憲の候補予定者が共産との協力を深めた場合に同方針に基づき、「推薦取り消しになるケースもあり得るが、そうならないようにするのが基本スタンスだ」との認識を示した。「物差しで1メートル超えたらアウトか、50センチでアウトか。個々の候補者の動きを見て対応したい」とも述べた。

記者会見する、連合で初の女性会長となった芳野友子氏=東京都千代田区で7日午前 拡大
記者会見する、連合で初の女性会長となった芳野友子氏=東京都千代田区で7日午前

 また、芳野氏は岸田政権への姿勢について、前執行部の方針を踏襲するとした上で「今後の動向を見ながら考えたい」と説明。「大きな塊」のスローガンで立憲に国民民主党など野党の結集軸になるよう求める連合方針については「この先も求めたい」とした。

 これに対し、枝野氏は7日の会見で、共産の協力について「連合も『これならばあり得るよね』と一定の理解をいただける内容で、芳野会長も理解いただいていると思っている」と強調。「実態がきちんと組合員や国民に広く伝わるよう、さらに努力したい」と述べ、理解を求める考えを示した。

 一方、同様に連合の支持を受け、立憲と共産との協力に批判的な国民の玉木雄一郎代表は同日の会見で、芳野氏の発言について「国民民主の路線と一致しているので、これまで以上によく連携を取っていきたい」と歓迎。共産の志位和夫委員長は会見で「ちょっとコメントできない」と述べるにとどめた。【佐野格、宮原健太】

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集