沖縄知事選に元県部長出馬 辺野古容認、県政刷新訴え

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県庁=那覇市泉崎1で2019年3月1日、遠藤孝康撮影
沖縄県庁=那覇市泉崎1で2019年3月1日、遠藤孝康撮影

 元沖縄県保健医療部長の砂川靖氏(61)は7日、来年9月29日の任期満了に伴う沖縄県知事選に出馬すると表明した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設は「普天間の危険性除去、米軍基地の整理縮小に寄与するため容認したい」と述べ、県政刷新を訴えた。知事選への出馬表明は砂川氏が初めて。

 砂川氏は今年3月に定年退職した。現時点…

この記事は有料記事です。

残り65文字(全文229文字)

あわせて読みたい

ニュース特集