イルカの神経で知る環境汚染物質の有毒性 愛媛大の研究グループ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
波打ち際に打ち上げられて衰弱したカズハゴンドウを助ける住民ら=茨城県鉾田市で、2015年4月10日午前9時28分、岩本直紀撮影
波打ち際に打ち上げられて衰弱したカズハゴンドウを助ける住民ら=茨城県鉾田市で、2015年4月10日午前9時28分、岩本直紀撮影

 愛媛大沿岸環境科学研究センターの落合真理・特任助教(環境毒性学)ら研究グループはイルカの一種・カズハゴンドウの体細胞を神経細胞へとダイレクトリプログラミング(直接分化誘導)することに初めて成功した。さらに、誘導で得た神経細胞を、代表的な環境汚染物質であるポリ塩化ビフェニール(PCBs)の代謝物に曝露(ばくろ)した結果、8割以上の細胞で「アポトーシス(細胞死)」を確認。神経毒性調査の進展につながる技術となりそうだ。

 研究結果は米国化学会の学会誌「Environmental Science&Technology」に掲載された。それによると、研究グループは2015年、茨城県鉾田市の海岸で約160頭が座礁したカズハゴンドウの個体組織を使って線維芽細胞を培養した。さらに低分子化合物の混合液で数週間処理したところ、神経細胞のような形態がある細胞が得られ、遺伝子発現解析などを行った結果、人工的に誘導された「誘導神経細胞…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文1014文字)

あわせて読みたい

ニュース特集