特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

酒類自粛要請無視に罰則なくなる 神奈川県、認証未申請なお1万店

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
神奈川県庁
神奈川県庁

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除され、神奈川県が飲食店に対して実施している酒類提供に関する要請に、従わなかった場合の罰則がなくなった。マスク飲食実施店認証制度で認証を受けた店が応じた際の協力金は引き続きあるものの、宣言下に比べるとそのメリットは小さくなり、無視した場合のデメリットはほとんどない状態だ。今後、協力要請に従わない店が増える可能性もあり、解除後の認証制度のあり方が問われそうだ。

 県によると、5日時点で県内約4万店の飲食店などのうち、申請件数は3万2440店。このうち認証済みは1万6216店という。県は1日から認証店で午後8時まで、申請中の店で午後7時半まで酒類の提供を認め、認証も申請もない店については「禁止」している。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文965文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集