特集

ニュース|都市対抗野球2021

社会人野球の頂点を決める第92回都市対抗野球大会の最新記事です。

特集一覧

ドラフトここに注目

JR四国から発車オーライ 水野達稀の一発力 大舞台で本領発揮

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第46回日本選手権1回戦、三菱重工West戦の九回裏にサヨナラの右越え本塁打を放つ水野達稀=ほっともっとフィールド神戸で2021年7月3日、山田尚弘撮影
第46回日本選手権1回戦、三菱重工West戦の九回裏にサヨナラの右越え本塁打を放つ水野達稀=ほっともっとフィールド神戸で2021年7月3日、山田尚弘撮影

 11日のプロ野球・ドラフト会議。社会人野球日本選手権の取材班キャップのイチオシ選手を紹介します。

親子3代球児 悲願の甲子園出場

 大舞台での勝負強さが、見る者を引きつける。JR四国の高卒3年目、水野達稀(21)だ。7月の日本選手権、1回戦の三菱重工West戦で一回に先制適時打を放ち、同点の九回には先頭打者でサヨナラ本塁打を放った。香川県立丸亀城西高で親子3代の元球児が、夢の舞台への扉を開こうとしている。

 日本選手権のサヨナラ本塁打は、今も目に焼き付いている。延長タイブレークの気配が漂い始める中で、前の打席まで2安打と当たっていた3番・水野ならば「何かあるかな」と思っていたからだ。あまりにも出来過ぎな展開に、記者席で驚きの声を上げてしまった。プロ注目の速球派右腕・三菱重工Westの八木彬に対し、1ボールからの直球を捉えた。試合後は「真っすぐがいいので、真っすぐで押してくると思った」と喜んでいた。

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文1089文字)

あわせて読みたい

ニュース特集