「舞鶴引き揚げ給食」戦争体験者の苦労かみしめ 市内25校で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
引揚者に提供された食事を再現した「舞鶴引き揚げ給食」=京都府舞鶴市小倉の市立志楽小で2021年10月6日午後0時半、塩田敏夫撮影
引揚者に提供された食事を再現した「舞鶴引き揚げ給食」=京都府舞鶴市小倉の市立志楽小で2021年10月6日午後0時半、塩田敏夫撮影

 京都府舞鶴市小倉の市立志楽小で6日、「舞鶴引き揚げ給食」があった。敗戦後、海外からの引き揚げ者に舞鶴地方引揚援護局が提供した食事を再現した。戦争と引き揚げの歴史を知ってもらおうと2020年から市が始めた取り組みで、14日にかけて市立小中25校全校で実施する。【塩田敏夫】

 舞鶴は、旧ソ連などから約66万人の引き揚げ者を迎え入れた「引き揚げの町」だ。戦争体験者がどんどんと少なくなる中、市は18年度に「舞鶴引き揚げの日」(10月7日…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

あわせて読みたい

ニュース特集