連載

丹下日出夫のズバッと!

井崎脩五郎さんの弟子である競馬評論家・丹下日出夫さんによる予想。

連載一覧

丹下日出夫のズバッと!

東京11R・サウジアラビアロイヤルC

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

状態万全、極上の切れ ステルナティーア

 マイルの瞬発力勝負ならステルナティーア。マイルCS馬ステルヴィオの全妹で、馬体は兄よりコンパクトだが、気合や目つきがいい。8月の新潟芝1600メートルの新馬戦は、折り合って中団待機。直線で馬なりのままトップスピードへと加速、レースの上がりを0秒6上回る32秒7の末脚で抜け出し楽勝した。ラスト2ハロン目は推定10秒台前半という出色の速さだった。中間は馬体減りもなく、調教で好時計を連発。東京に変わっても極上の切れを期待していい。

 強敵はコマンドライン。こちらはマイラーズC2着のアルジャンナの全弟で、6月の東京芝1600メートルの新馬戦は512キロの馬体で登場。まだまだ幼さの残る体形で、直線での反応も一息だったが、エンジンがかかるとぐんぐん追い上げ、メンバー中最速の上がりで2着を0秒5突き放した。ゴール板前は流す余裕すらあった。不器用で切れ味勝負となるとどうかだか、パワーは十分だ。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文753文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集