特集

バイデン政権2021

第46代米大統領となったバイデン氏。分断された国内や不安定化する国際情勢にどう対応するのでしょうか。

特集一覧

米上院、債務上限引き上げ法案可決 不履行懸念、年末再燃の恐れ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米議会上院は7日、連邦政府が国債発行などで借金を増やすことを制限する「債務上限」を12月初旬分まで引き上げる法案を可決した。下院も近く可決する見通し。政府の手元資金が尽き、米国債の利払いが滞る債務不履行(デフォルト)に陥る懸念は当面回避される。ただ、長期的な打開策を巡っては与野党対立が続いており、年末にデフォルト危機が再燃する可能性がある。

 同法案は、債務上限を4800億ドル(約53兆円)引き上げる内容で、政府は12月3日までの必要な資金を調達することができる。債務上限問題で対立していた上院与野党がこの日の朝に合意した。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文695文字)

【バイデン政権2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集