特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

「2人は勇敢だ」ノーベル平和賞のジャーナリストに祝福の声続々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ノーベル平和賞に決まったマリア・レッサ氏(左)とディミトリ・ムラトフ氏=ノーベル財団のウェブサイトから
ノーベル平和賞に決まったマリア・レッサ氏(左)とディミトリ・ムラトフ氏=ノーベル財団のウェブサイトから

 2021年のノーベル平和賞がロシアの独立系新聞ノーバヤ・ガゼータのドミトリー・ムラトフ編集長らに共同授与されると発表されたことを受け、ロシアのペスコフ大統領報道官は8日、「彼は自身の考えに沿って仕事を続け、そのことに尽くしてきた。彼は才能があり、勇敢だ」と述べ、祝福する意向を表明した。ロイター通信が報じた。

 ただしガゼータ紙はプーチン政権に対する批判的な報道を続けてきたことから、同政権は真意では授賞を快く受け止めていない可能性もありそうだ。

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文615文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集