動けない…路上の男児を弓道部5人が救護 試合後のはかま姿でおんぶ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
感謝状を受け取る赤松琉衣さん(奥)=京都府宇治市の府立城南菱創高で2021年10月8日午後0時41分、千金良航太郎撮影
感謝状を受け取る赤松琉衣さん(奥)=京都府宇治市の府立城南菱創高で2021年10月8日午後0時41分、千金良航太郎撮影

 路上で動けなくなっていた小学生の男児を連係して救護したとして、京都府警川端署は8日、京都府立城南菱創(りょうそう)高(宇治市)の2年生の女子生徒5人に感謝状を贈った。5人とも弓道部員で当時は団体戦を終えて帰る途中だったため、試合で着たはかま姿のまま、おんぶするなど救護に当たったという。

京都府警川端署が感謝状

 5人は赤松琉衣さん(17)▽西岡美咲さん(16)▽白井遥季(はるき)さん(17)▽加藤美和さん(16)▽松本彩花さん(16)。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文881文字)

あわせて読みたい

ニュース特集