名古屋商科大経営大学院 ビジネススクール国内初のトリプル国際認証

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際色豊かな名古屋商科大経営大学院の授業の様子=同大学院提供
国際色豊かな名古屋商科大経営大学院の授業の様子=同大学院提供

 経営学専門の大学院「ビジネススクール」である名古屋商科大経営大学院(名古屋市中区)は9月29日付で、世界三大ビジネススクール認証の一つ「EQUIS」を取得した。世界水準のMBA(経営学修士)教育の証とされる。すでにこのほか二つの国際認証を取得しており、トリプル国際認証は国内大学初。世界でも100校程度しかないといい、栗本博行学長は「高い教育の質が認められ誇りに思う。今後も継続的にMBA教育向上に向けて成長していく責任があると感じている」と話している。

 「EQUIS」は、国際的なMBA教育品質評価機関「EFMD」(本部・ブリュッセル)による認証。教員の国際性や国際論文数、在学生の学歴や経歴など厳しい審査がある。5月に欧州の調査団が同大学院の教員や学生にオンラインで3日間にわたりヒアリング調査をしていた。国内の大学での同認証取得は、ほかに早稲田大がある。

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文879文字)

あわせて読みたい

注目の特集