特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

きらやか銀、都市対抗へ 引っ張るのはエースで主将の元日本代表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本製紙石巻-きらやか銀行】7回1失点と好投した、きらやか銀行の小島康明=宮城県石巻市の石巻市民球場で2021年10月8日午後2時47分、尾形有菜撮影
【日本製紙石巻-きらやか銀行】7回1失点と好投した、きらやか銀行の小島康明=宮城県石巻市の石巻市民球場で2021年10月8日午後2時47分、尾形有菜撮影

 第92回都市対抗野球大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の東北2次予選は8日、宮城・石巻市民球場で第2代表決定トーナメント3回戦があり、きらやか銀行は3―2で日本製紙石巻を降した。

 1点リードの四回2死満塁。きらやか銀行の先発右腕・小島康明は危機を迎えても落ち着いていた。1番打者にファウルで粘られるも6球目のチェンジアップで三振に仕留めた。「よし」。こぶしを握って喜んだ。

 小島は茨城県出身の29歳。東農大から2015年にきらやか銀行に入社。キレのある直球と変化球を織り交ぜた巧みな投球…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文561文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集