「つくチャリ」市民の足に つくば市「シェアサイクル」実証実験 楽にこげる機種を導入 /茨城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
シェアサイクルに導入する自転車を試乗する五十嵐立青市長(中央)=茨城県つくば市役所で
シェアサイクルに導入する自転車を試乗する五十嵐立青市長(中央)=茨城県つくば市役所で

 つくば市は、スマートフォンで自転車を借りて各地のサイクルポート間を移動できる「シェアサイクル」サービスの実証実験を始めた。シリコーン内蔵でこぎやすい自転車を導入し、公共交通の補完を目指している。【宮田哲】

 サービスの愛称は「つくチャリ」で、自転車の貸し出しや返却場所になるサイクルポートを、つくばエクスプレス(TX)つくば駅や研究学園駅、周辺のスーパーなど20カ所に設置。空洞化が懸念されるつくば駅周辺での人流創出や、人口が急増している研究学園駅周辺の通勤・通学などでの活用…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

あわせて読みたい

注目の特集