仮想コースを激走 自転車・ジャパンカップ 16日開催 宇都宮 /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年のレースの様子(古賀志林道)=宇都宮市提供
昨年のレースの様子(古賀志林道)=宇都宮市提供

 宇都宮市で10月に開催予定だった自転車の国際大会「ジャパンカップサイクルロードレース」が新型コロナウイルスの影響で中止になったことを受け、市は代替のオンラインレース「2021デジタルジャパンカップサイクルロードレースうつのみや」を16日に開く。昨年に続き2回目。国内外の有力選手がインターネット上の仮想コースで競う。

 ジャパンカップはアジア最高峰の自転車レースとされるが、海外選手の受け入れや感染予防対策の徹底が困難などとして2年連続で中止となった。市の担当者によると、「日本人選手と海外の有力選手が本物のレースを展開することがジャパンカップの醍醐味(だいごみ)。オンラインでも世界とつながることができ、一定の効果があった」と今年も開催を決めた。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文601文字)

あわせて読みたい

注目の特集