「青天を衝け」石碑受難 落石で立ち入り禁止に 「渋沢ブーム」程遠く 長野・佐久 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
落石があった岩山。中央左奥の壁面に渋沢栄一の漢詩を彫った石碑があるが立ち入り禁止になっている=長野県佐久市で
落石があった岩山。中央左奥の壁面に渋沢栄一の漢詩を彫った石碑があるが立ち入り禁止になっている=長野県佐久市で

 実業家渋沢栄一が主人公のNHK大河ドラマ「青天を衝け」で、タイトルの着想源になった渋沢の漢詩を彫った石碑が災難に見舞われた。6月下旬、石碑がある長野県佐久市の岩山で落石が発生。立ち入り禁止になったままで、観光客を呼び込もうと考えていた地元住民らは頭を抱えている。

 渋沢に関する資料をまとめた文献によると、渋沢は19歳の頃、現在の佐久市の内山地区を訪れ、険しい岩山の様子を「内山峡之詩」に詠んだ。1940年、地元有志がこの漢詩を彫った石碑を岩山の壁面に建立。大河ドラマのタイトルは漢詩の一節「勢衝青天攘臂躋(…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

あわせて読みたい

注目の特集