特集

ぐるっと東日本

「母校をたずねる」「旅する・みつける」「くつろぎの宿」「アートを歩く」などの連載を展開しています。

特集一覧

ぐるっと東日本・くつろぎの宿

休暇村奥武蔵/上 都心から70分「静寂」 木の香り、和モダン /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
バルコニーにはソファやハンモックがあり奥武蔵の山並みと木々の緑を眺められる
バルコニーにはソファやハンモックがあり奥武蔵の山並みと木々の緑を眺められる

休暇村奥武蔵 埼玉県飯能市吾野72

 山あいにある西武鉄道秩父線の吾野駅から送迎バスに乗る。高麗川沿いの国道299号を5分ほど走ると休暇村奥武蔵が見えてきた。建物入り口前でバスを降り、周りを見渡せば里山の風景が広がり、耳をすませば鳥の鳴き声が響いている。

 東京都心の池袋から70分の静かな空間に包まれ、心が落ち着いていくようだ。

 休暇村は、北海道から九州まで全国各地35カ所に「村」を構える。ここがオープンしたのは2013年7月で、埼玉県営の宿泊施設を買い取り、改修して「開村」した。もともと休暇村は国立・国定公園内に建設されてきた保養施設だが、ここは公園外の初の休暇村となった。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文741文字)

あわせて読みたい

注目の特集