特集

ミャンマークーデター

ミャンマー国軍がクーデターを起こし、アウンサンスーチー氏らを拘束。市民や国際社会からは抗議と批判が相次いでいます。

特集一覧

ミャンマー「できないこと強制」スーチー氏とASEAN特使の面会認めず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ミャンマー国軍が設置した国家統治評議会のゾーミントゥン報道官=ミャンマー情報省提供
ミャンマー国軍が設置した国家統治評議会のゾーミントゥン報道官=ミャンマー情報省提供

 ミャンマー国軍が設置した「国家統治評議会(SAC)」のゾーミントゥン報道官が毎日新聞の電話インタビューに応じた。同氏は4月の東南アジア諸国連合(ASEAN)の臨時首脳会議で合意した特使の受け入れが遅れている理由について「ASEAN側が(我々に)できないことを強制しようとしているためだ」と述べ、ASEAN側が求めるアウンサンスーチー氏ら拘束中の国民民主連盟(NLD)幹部と特使との面会は受け入れられないとの考えを改めて示した。

 報道官は5日に国軍側の通訳を介し、質問に答えた。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文924文字)

【ミャンマークーデター】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集