小樽市の違法な許認可で廃業 市に5500万円賠償命令 札幌地裁

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
札幌地裁=岸川弘明撮影
札幌地裁=岸川弘明撮影

 北海道小樽市高島の漁港区を拠点とした遊覧船事業を巡り、船の係留許可や関連施設の設置許可などを取り消されて廃業を余儀なくされたとして、同市の観光業者「ラファ」が市に対し、約1億3300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が8日、札幌地裁であった。広瀬孝裁判長は「許可には違法な公権力の行使があった」などと違法性を認定し、市側に約5500万円の支払いを命じた。

 判決によると、市は2016年、漁港区に係留設備や休憩用施設を建設するなどの許可を出し、ラファは関連施設を建設した。しかし、市は漁港区におけるこうした施設の設置は条例に反するとして、18年に許可を取り消した。広瀬裁判長は、関連施設の建設などは市側の違法な許可に基づいてなされたものと認め、原告側が施設などに関して認可後に支出した費用は市側が負うべきだと判断した。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文557文字)

あわせて読みたい

ニュース特集