読む写真

新生児を等身大のメモリアルベアに 家族の思いを職人が手作り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
身長9センチ、体重15グラムの天使ベア=岡山市北区で2021年10月7日、梅田麻衣子撮影
身長9センチ、体重15グラムの天使ベア=岡山市北区で2021年10月7日、梅田麻衣子撮影

 出生時の身長と体重でクマのぬいぐるみに仕立てる「メモリアルベア」。世界で初めて手がけたのが創業25年の「ポッシュ・シゴーニュ」(岡山市北区)だ。会社名はフランス語の「コウノトリのポケット」が由来。14人の職人が手作業で縫製し、約2カ月かけて依頼者に届ける。年間約3000体が作られている。

 出産記念や結婚式で両親に贈るなどの依頼も多い一方、近年は子どもを亡くした親からの相談が増えた。専用ホームページ「お空に還った天使のベア」を作り、小さく生まれた赤ちゃんの依頼にもできる限り…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文599文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集