都道府県の魅力度ランキング 20年最下位の栃木は41位に浮上

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
栃木県の「魅力度ランキング最下位から脱出せよ」と題したクイズ動画=栃木県ホームページより
栃木県の「魅力度ランキング最下位から脱出せよ」と題したクイズ動画=栃木県ホームページより

 民間調査会社が実施している「都道府県魅力度ランキング」が9日発表され、昨年初めて最下位に転落した栃木県は41位で、茨城県が47位だった。

 栃木県の福田富一知事は「結果にかかわらず、県産品販売、観光誘客、移住・定住の三つの重点分野において、地域資源の磨き上げや情報発信に積極的に取り組むことで本県のブランド力向上を図って参ります」とのコメントを出した。

 民間調査会社「ブランド総合研究所」(東京都港区)が年1回公表している調査で、都道府県別のランキングは2009年から始まった。県は16年に「とちぎブランド取組方針」を掲げ、15年の35位を20年には25位まで引き上げることを目指してきた。だが、16年は46位でワースト2位となり、17~19年は43、44位とやや上昇したが、20年には47位に。最下位の発表を受け、福田知事は「思わず『えっ』という大き…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文933文字)

あわせて読みたい

ニュース特集