特集

都市対抗野球2021

社会人野球日本一を決める第92回都市対抗野球大会(11月28日~12月9日)に関する特集サイトです。

特集一覧

きっかけは「遊び心」 四国銀行右腕・佐田を飛躍させた“ものまね”

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
都市対抗四国2次予選のアークバリアとの1回戦で、八回途中まで投げ無失点の好投を見せた四国銀行の先発・佐田涼介=香川県丸亀市のレクザムボールパーク丸亀で2021年10月9日午前11時17分、藤田健志撮影
都市対抗四国2次予選のアークバリアとの1回戦で、八回途中まで投げ無失点の好投を見せた四国銀行の先発・佐田涼介=香川県丸亀市のレクザムボールパーク丸亀で2021年10月9日午前11時17分、藤田健志撮影

 ひょんなことから、身に付けた技術が快投につながった。9日に香川県で行われた第92回都市対抗野球大会四国2次予選の1回戦。アークバリアに7―0で八回コールド勝ちした四国銀行の先発右腕・佐田涼介は「遊び心」で始めた二つの試みをきっかけに飛躍した。

 一つ目は投球フォーム。今年に入ってから腕を先に動かし始めてグラブを右肩付近まで持ってくるプロ野球・巨人の菅野智之投手のまねをしたところ、「右足一本で立ったときの姿勢がしっくりきた…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文705文字)

【都市対抗野球2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集