落語家の柳家小三治さん死去 81歳 人間国宝

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
落語家の柳屋小三治さん=浅草演芸ホールで2006年5月10日、小林努撮影 拡大
落語家の柳屋小三治さん=浅草演芸ホールで2006年5月10日、小林努撮影

 当代を代表する古典落語の名手で、人間国宝の柳家小三治(やなぎや・こさんじ、本名・郡山剛蔵=こおりやま・たけぞう)さんが7日、心不全のため死去した。81歳。所属の落語協会が10日発表した。葬儀は本人の遺志で密葬を営んだ。喪主は長男郡山尋嗣(こおりやま・ひろつぐ)さん。

 東京都生まれ。都立青山高校在学中に落語研究会に入部。ラジオ東京の「しろうと寄席」で15週連続勝ち抜き。父は小学校校長、母は武家の娘という厳格な両親の反対を押し切り1959年、五代目柳家小さんさんに入門。前座名「小たけ」を名乗った。

 正統派古典落語の担い手として、若いころから実力は群を抜いていた。芸に厳しかった六代目三遊亭円生さんが落語協会会長在任中の69年、17人抜きで真打ちに昇進。同時に柳家の出世名前である十代目小三治を襲名した。

 柳家の家の芸である「粗忽(そこつ)長屋」「百川」「千早ふる」など滑稽噺(こっけいばなし)を得意とし、ユーモラスな中にシニカルさを交えた独特の視線で人間の営みを生き生きと描き出した。また「芝浜」「死神」といった長編では奥行きある世界を造形した。年を重ねるごとにその芸は円熟味を増し、近年は、飄逸(ひょういつ)とした語り口で間や表情にたくまざるおかしみを醸し出し、枯淡の境地を見せていた。

 後進の育成にも力を入れ、師匠の五代目小さんさん亡き後、柳家の中心的存在として喜多八さん、三三(さんざ)さんら人気と実力を兼ね備えた弟子を育てた。

 2010~14年の落語協会会長在任中には、年功序列ではなく、実力のある若手を引き上げようと、春風亭一之輔さんら3人の抜てき真打ちを誕生させた。また、後任には20歳以上も若い柳亭市馬さんを指名するなど、リーダーとしても手腕を発揮した。

 落語の本題に入る前に語る「まくら」が長いのが有名で、「ま・く・ら」という著書も。寄席にも乗って通っていたオートバイや、オーディオ、スキー、歌など多趣味でも知られた。落語家の桂米朝さんや放送タレントの永六輔さんらと作った「東京やなぎ句会」の同人で、俳号は「土茶(どさ)」。09年にはドキュメンタリー映画「小三治」(康宇政監督)が公開された。

 21年3月から体調不良で一時入院していたが、5月に高座に復帰。柳家小三治事務所によると、最後の高座は10月2日、柳家一門会での「猫の皿」だった。亡くなるまで、次の高座を楽しみにしていたという。

 04年芸術選奨文部科学大臣賞、05年紫綬褒章、14年旭日小綬章。同年、落語家としては師匠の五代目小さんさん、上方落語の米朝さんに次いで3人目となる人間国宝に認定。14年度毎日芸術賞など、受賞多数。著書に「落語家論」など。次女は女優の郡山冬果さん。

あわせて読みたい

注目の特集