落語家の柳家小三治さん死去 81歳 人間国宝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
落語家の柳屋小三治さん=浅草演芸ホールで2006年5月10日、小林努撮影
落語家の柳屋小三治さん=浅草演芸ホールで2006年5月10日、小林努撮影

 当代を代表する古典落語の名手で、人間国宝の柳家小三治(やなぎや・こさんじ、本名・郡山剛蔵=こおりやま・たけぞう)さんが7日、心不全のため死去した。81歳。所属の落語協会が10日発表した。葬儀は本人の遺志で密葬を営んだ。喪主は長男郡山尋嗣(こおりやま・ひろつぐ)さん。

 東京都生まれ。都立青山高校在学中に落語研究会に入部。ラジオ東京の「しろうと寄席」で15週連続勝ち抜き。父は小学校校長、母は武家の娘という厳格な両親の反対を押し切り1959年、五代目柳家小さんさんに入門。前座名「小たけ」を名乗った。

 正統派古典落語の担い手として、若いころから実力は群を抜いていた。芸に厳しかった六代目三遊亭円生さんが落語協会会長在任中の69年、17人抜きで真打ちに昇進。同時に柳家の出世名前である十代目小三治を襲名した。

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文1127文字)

あわせて読みたい

ニュース特集