特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

消費税5%、10万円給付、最低賃金1500円 共産が衆院選公約

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本共産党中央委員会が入るビル=東京都渋谷区で、曽根田和久撮影 拡大
日本共産党中央委員会が入るビル=東京都渋谷区で、曽根田和久撮影

 共産党は11日、衆院選公約を発表した。新型コロナウイルスによる減収対策の柱として、低所得世帯から年収1000万円未満程度の世帯までを対象に、1人10万円程度の給付金を支給する。公立病院の削減・統廃合は中止し、保健所の数や職員数を増やす。

 「アベノミクスとの決別」を掲げ、消費税率を5%に引き下げる。最低賃金は全国一律1500円に引き上げる。気候変動問題では「2030年までに石炭火力・原発の発電をゼロにし、電力の50%を再生可能エネルギーでまかなう」とした。

 民法を改正し、同性婚を認める。選択的夫婦別姓制度も導入する。外交政策では、核兵器禁止条約を批准するとした。志位和夫委員長は記者会見で「今の自公政権にはできない政策ばかりだ。政権交代を実現し、新しい政治をつくる」と訴えた。【佐野格】

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集