特集

プロ野球ドラフト会議2021

プロ野球ドラフト会議が2021年10月11日に行われます。

特集一覧

予想覆す野手で固めた上位指名 楽天、ロッテの大胆なドラフト戦略

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プロ野球ドラフト会議の抽選会場=東京都内のホテルで2021年10月11日(代表撮影)
プロ野球ドラフト会議の抽選会場=東京都内のホテルで2021年10月11日(代表撮影)

 野手、野手、野手――。上位候補の野手が少ないと言われた今年のドラフトで、楽天は1~3位まで野手を指名した。楽天の先発陣は中堅からベテランが中心だが、野手で固めた。現在、チーム防御率リーグ5位のロッテも1、2位は野手を指名。両チームとも大胆なドラフト戦略だった。

 楽天の1位は高校通算56本塁打で185センチの右の大型外野手・吉野(埼玉・昌平高)。2位は強肩強打の捕手・安田(愛知大)、3位には外野手・前田(静岡・三島南高)を選んだ。前田は今春の選抜高校野球に21世紀枠で出場しているが、吉野、安田は全国大会の出場経験はなく、知る人ぞ知る存在だ。

 吉野を指名した理由について、楽天の石井一久ゼネラルマネジャー兼監督は「チームにとって2~4年後、柱になるような打者になれるのが吉野選手だと思った。球団の中でほぼ一致して指名した」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文708文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集