特集

キャンパスNOW

「キャンパスNOW2020」では大学の今を伝えます。

特集一覧

キャンパスNOW

大学受験2021秋(3)個性発揮し魅力づくりを進める中部地方の大学

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
トヨタ自動車が設立し、今年開学40周年を迎えた豊田工業大=名古屋市天白区
トヨタ自動車が設立し、今年開学40周年を迎えた豊田工業大=名古屋市天白区

 わが国を代表する自動車産業の集積地である中部地方は企業業績に支えられ、大学の就職率も総じて高い。コロナ禍で景気の落ち込みが懸念される中でも強みを発揮している。中部地方の大学の強さの秘密を探ってみると、各大学がそれぞれに個性を発揮していることも見てとれる。【中根正義】

少人数教育の豊田工大、上場企業に人材輩出の南山大

 大学通信の調べによると、全国の大学の実就職ランキング(就職者÷〔卒業(修了)生数-大学院進学者数〕×100)で、卒業生1000人以上の大規模大、卒業生100人以上1000人未満の小・中規模大とも上位に中部地区の大学が多く入っている。大規模大では上位25校で愛知工業大(2位)、名古屋工業大(5位)、名城大(7位)、日本福祉大(11位)、中部大(22位)、岐阜大(24位)が、小・中規模校は上位15校に豊田工業大(7位)、四日市看護医療大(8位)、愛知医科大(10位)、日本赤十字豊田看護大(13位)、藤田医科大(15位)がランクインしている。

 愛知工業大はトヨタ自動車本社がある愛知県豊田市にあり、同社やそのグループ会社とさまざまな交流をしている。豊田工業大は同社が設立した大学で、開学40周年を迎えた。工学部だけの単科大として少人数教育が行われている。授業料も年額60万円と国公立大並みに抑えられており人気だ。

 理工系に強みを持つ大規模大では国立大で名古屋工業大と岐阜大、私立大で名城大と中部大がランクイン。名古屋工業大は明治時代創立の高等工業学校が源流の伝統校。名古屋大と法人統合した岐阜大は、同大構内に航空機の研究・教育施設である「航空宇宙生産技術開発センター」を立ち上げた。

 地区最大の総合大である名城大はノーベル化学賞を受賞した吉野彰終身教授が教べんを執っていることで知られている。近年、中部大も同賞受賞者が出るのではないかと話題になっている。両校ともキャリア支援などで定評がある。

 愛知医科大や藤田医科大など医療福祉系の大学も実就職率が高い。日本福祉大はわが国初の福祉大として設立。日本社会事業大、東北福祉大とともに福祉大の御三家と称される。国家資格の社会福祉士や精神保健福祉士などさまざまな福祉系の資格が取得できる。

中部地方の進路指導教諭が勧める大学 拡大
中部地方の進路指導教諭が勧める大学

 次に、中部地区の進路指導教諭に聞いたお勧めの大学を見てみよう。大学通信が全国の進学校2000校に調査しているもので、ここでは中部地区の教諭からのデータを抽出した。

 就職に力を入れている6位の岐阜聖徳学園大は教員養成系大学としてスタート。教員採用試験で強みを発揮している。

 8位の愛知大は、社会科学系の学部が存在感を発揮している。法学部は少人数教育によるきめの細かい指導で定評がある。今年春からは法学部と法科大学院が連携し、最短5年で司法試験に合格できる連携コースがスタートした。また、文学部でも歴史地理学科と日本語日本文学科が新設された。

 「生徒に人気」などの項目では、今年創立75周年を迎えた南山大を忘れてはならない。海外で活躍する人材を輩出し、上場企業や有名企業への就職で高い実績を誇る。22年4月には国際学生寮が開寮予定で、入居者対象のさまざまなプログラムが用意され、外国人留学生との共同生活により高い国際感覚を身につけるという。

社会科学系の学部が充実している愛知大=名古屋市中村区の同大学ささしまキャンパス
社会科学系の学部が充実している愛知大=名古屋市中村区の同大学ささしまキャンパス

名商大に領域横断型の新学部

2022年4月に新設予定の主な学部・学科 拡大
2022年4月に新設予定の主な学部・学科

 来春の中部・北陸地方の大学の学部・学科の新設や改組にはどんなものがあるのか。

 全国的にデータサイエンスやAI(人工知能)などを扱う情報系や看護・福祉系の新設が相次いでいて、中部・北陸地区も、その傾向は変わらない。情報系では、今年4月に南山大理工学部にデータサイエンス学科が新設された。

 来春は、名城大が理工学部情報工学科を改組し、情報工学部が誕生する。コンピューターやプログラミング、インターネットなどの基礎からAIやVR(仮想現実)、自動運転などの最先端技術に至るまで、この分野を広く深く学ぶことができる。

 人間環境大は人間環境学部を改組し、環境科学部と心理学部が生まれる。このうち、環境科学部の環境データサイエンス学科は、社会フィールド調査などで抽出された地域課題をデータサイエンス技術を用いて解析し、解決策を導き出すという。心理学部は心理学科と犯罪心理学科の2学科体制になる。

 心理学系は各大学で設置が相次いでおり、愛知学院大は心身科学部心理学科が心理学部へと衣替えする。ビッグデータとして蓄積された心理的実証データを活用し、ビジネスや産業界などでの研究・開発に生かし、心理学の世界で数理的な素養を持った人材の育成を図る。看護・福祉系では、金城学院大が看護学部、名古屋女子大が医療科学部(理学療法学科、作業療法学科)を新設する。

 ところで、名古屋商科大は既存の経営学部、経済学部、商学部の連携による新しいタイプの領域横断型学部ともいえる経営管理課程を全国の大学で初めて開設する。卒業すると、経営大学院(MBA)の学士版ともいえるBBAが授与される。課程は二つあり、日本語だけで学ぶコースと英語だけで学ぶコースからなり、英語だけのコースはTOEICで750以上のスコアがないと出願できない。マネジメント教育で国際認証を取得している同大学ならではの新しい展開といえそうだ。

あわせて読みたい

注目の特集