連載

憂楽帳

50年以上続く毎日新聞夕刊社会面掲載のコラム。編集局の副部長クラスが交代で執筆。記者個人の身近なテーマを取り上げます。

連載一覧

憂楽帳

「宇宙深海酵母」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
深海から引き揚げられた「宇宙酵母」の状態を確認する上東治彦・食品加工特別技術支援員(右)=高知県工業技術センター提供
深海から引き揚げられた「宇宙酵母」の状態を確認する上東治彦・食品加工特別技術支援員(右)=高知県工業技術センター提供

 高知県工業技術センター(高知市)のプロジェクトで、宇宙を「経験」した日本酒の酵母が、今度は6000メートル超の深海に行き、無事「生還」した記事を5月に書いた。その後、世界初の「宇宙深海酵母」と名付けられ、10月から仕込みが始まったと聞いた。高知県内の酒造会社が順次取りかかっているという。

 責任者の上東治彦・食品加工特別技術支援員(61)によると、酵母の「生存」…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集