寄藻川に慰霊の蜷 宇佐神宮・放生会 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
船上から寄藻川に蜷を放す宇佐神宮の神職
船上から寄藻川に蜷を放す宇佐神宮の神職

 宇佐神宮(宇佐市)の大祭・放生会(ほうじょうえ)(県選択無形民俗文化財)が9~11日に開かれた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年に続き、宇佐神宮から約8キロ離れた和間神社までのみこしの練り歩きはなかった。

 720年に起きた薩摩・隼人(はやと)族の反乱を八幡大神も出向いて成敗した後、その霊を巻き貝の蜷(にな)に見立てて慰めたのが…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

あわせて読みたい

注目の特集