特集

2022韓国大統領選

2022年3月9日に投開票された韓国大統領選は、保守系の最大野党の尹錫悦氏が当選。5年ぶりの保守政権の行方は。

特集一覧

韓国・与党の大統領選候補に暗雲 都市開発事業を巡り不正疑惑

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
李在明氏(右)=陣営提供
李在明氏(右)=陣営提供

 来年3月の韓国大統領選で、進歩系与党「共に民主党」の候補に決まった李在明(イジェミョン)京畿道知事は、党内予備選では勝利し公認候補に決まったものの、ソウル近郊の城南(ソンナム)市長在職時の都市開発事業に関する不正疑惑が持ち上がり、波紋が広がっている。李氏は関与を全面否定するが、韓国で社会問題化している不動産に絡む疑惑なだけに、与党や青瓦台(大統領府)も神経をとがらせる。

 12日、緊急記者会見を開いた李氏は「人事権者、管理者として一部職員の逸脱行為については、もう一度謝罪申し上げる。道義的責任は避けることができない」と述べた。一方で、「具体的な内容や行政成果、実績を説明する良い機会になる」として京畿道知事を辞職せずに、18日と20日に予定されている国会の国政監査に臨むことを表明した。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1387文字)

【2022韓国大統領選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集