「元気に育って」千歳あめ、心込めて袋詰め 兵庫・西宮神社

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
千歳あめの袋詰め作業をする巫女=兵庫県西宮市の西宮神社で2021年10月8日午前11時23分、花牟礼紀仁撮影
千歳あめの袋詰め作業をする巫女=兵庫県西宮市の西宮神社で2021年10月8日午前11時23分、花牟礼紀仁撮影

 七五三詣でのシーズンを前に、兵庫県西宮市社家町の西宮神社で、千歳(ちとせ)あめの袋詰め作業が進められている。10月中旬までに約5000袋、1万本のあめが用意される。

 本殿に隣接する脇殿では随時、巫女(みこ)が千歳あめ2本とお守りなどを手際よく袋に詰め、並べる作業を続けている。巫女の澁谷茉希さん(2…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文284文字)

あわせて読みたい

注目の特集