特集

ノーベル賞

「世界で最も権威のある賞」といわれるノーベル賞。今年はどんな研究・活動に贈られるでしょうか。

特集一覧

木造研究室で台風進路を手計算 物理学賞・真鍋さんの若き日々

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見後に大学関係者と記念撮影する米プリンストン大上席気象研究員の真鍋淑郎さん(左)=米東部ニュージャージー州のプリンストン大で2021年10月5日、隅俊之撮影
記者会見後に大学関係者と記念撮影する米プリンストン大上席気象研究員の真鍋淑郎さん(左)=米東部ニュージャージー州のプリンストン大で2021年10月5日、隅俊之撮影

 複雑な気候の変化をコンピューターで再現する「気候モデル」を開発し、今年のノーベル物理学賞に決まった米プリンストン大上席気象研究員の真鍋淑郎さん(90)。大学院を修了し、米国へ渡った後の研究業績に光が当たっているが、日本ではどんな学生時代を過ごしていたのだろうか。当時同じ研究室に在籍していた弟弟子に、若かりし日々の一端を明かしてもらった。【垂水友里香/科学環境部】

 「非常に活発でおしゃべり好き。ぼくも割としゃべる方だが、真鍋さんは自他共に認めるおしゃべり。にぎやかで朗らかで、非常に付き合いやすい人だよね」

 海洋研究開発機構で特任上席研究員を務める気象学者、松野太郎さん(87)に真鍋さんの印象を尋ねると、真っ先にこう返ってきた。「研究者って割と静かに話をする人が多い。考えてみれば、あれくらいおしゃべりな人は研究者仲間でも珍しいかもしれない」

 真鍋さんは1953年、東京大大学院の正野重方(しょうのしげかた)教授の気象学研究室に進んだ。4年後に同じ研究室に入ったのが松野さんだ。真鍋さんが58年夏に渡米するまで約1年半、共に研究に明け暮れた。学年は離れていたが、研究室の大学院生は5~6人しかおらず、「大部屋にたむろして、にぎやかに何でも言いたいことを言い合っていた」と振り返る。

新たな波「数値予報」

 50年代、気象学には新しい波が押し寄せていた。米国で、新たに開発されたコンピューターを気象の予測に利用しようという「数値予報」のプロジェクトが始まり、気圧や雨、風の変化を…

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1930文字)

【ノーベル賞】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集