池袋暴走事故 飯塚元院長、過失を認め「反省するため刑に服す」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長=東京都豊島区で2019年6月13日、佐々木順一撮影
旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長=東京都豊島区で2019年6月13日、佐々木順一撮影

 東京・池袋で2019年4月、暴走した乗用車にはねられた母子ら11人が死傷した事故で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)に問われ、禁錮5年の実刑が確定した旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(90)が12日、支援者を通じて「暴走はブレーキとアクセルを間違えた結果だった。過失を反省するために刑に服してまいりたい」とのコメントを発表した。飯塚元院長は同日、東京・霞が関の検察庁に出頭した。今後、刑務所に収容される見通し…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

注目の特集