暗闇にキノコの輝き… 人工培養、観光資源化へ 奮闘する大学研究室

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
暗闇で緑色に光る姿が肉眼でも見えるエナシラッシタケ。群生すると、まさに無数に光る星をちりばめたようだという=青島神社で2020年7月(研究室提供)
暗闇で緑色に光る姿が肉眼でも見えるエナシラッシタケ。群生すると、まさに無数に光る星をちりばめたようだという=青島神社で2020年7月(研究室提供)

 暗闇で発光するキノコがあることをご存じだろうか。「エナシラッシタケ」は、直径5ミリほどの小さな白いキノコだが、暗い場所では夜空の星のように美しく光る。昨年、宮崎大学農学部森林緑地環境科学科きのこ学研究室「ピルツラボ」が、世界で初めて人工培養に成功した。珍しいキノコの研究と、キノコを用いた地域おこしに情熱を傾ける原田栄津子助教(48)と学生たちに話を聞いた。【早稲田大・尾崎由佳(キャンパる編集部)】

 キノコ研究に特化した大学研究室は、九州では宮崎大のみ。2019年4月に原田助教が同大農学部に着任し、その1年後に研究室が発足した。

この記事は有料記事です。

残り2047文字(全文2314文字)

あわせて読みたい

ニュース特集