20年の気候変動投資14兆円 IMF、拡大促進を提言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際通貨基金(IMF)の本部=米ワシントンで
国際通貨基金(IMF)の本部=米ワシントンで

 国際通貨基金(IMF)は12日、世界金融安定報告を公表した。IMFが調査した範囲で、気候変動対策に配慮した投資の総額が2020年に1300億ドル(約14兆4000億円)だったと指摘。これでは不十分だとして各国の政府や金融当局に対し、拡大促進に取り組むよう促した。

 気候変動対策は日本を含めた各国が取り組みを加速させており、環境に配慮した企業行動を促すための投資を求め…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

ニュース特集